LOADING...

和装前撮りで使える人気アイテムを紹介 和装前撮りで使える人気アイテムを紹介

2019.07.02

日本人らしく、結婚式の前撮りは「和装」と考えている方は多いのではないでしょうか。もちろん、和装だけでも、景色に映えるよい写真を撮ることができますが、小物などのアイテムを使用することで、主役である2人を引き立ててくれます。
そこで今回は、和装の前撮りで使える人気アイテム20選をご紹介していきます。

和装前撮りで使える人気アイテム20選

和装をより引き立たせてくれるアイテムは、やはり和を感じさせるものが多いでしょう。ですが、和風でなくても、アクセントとして映えるアイテムはたくさんあります。

書道

日本の伝統芸術としても挙げられる書道。書道は、その人の思いや感情を文字にのせるものです。また、書道は、ある種の芸術作品でもあるので、自分が作成した作品とともに、写真という新たな作品を作るのも粋でしょう。また、最近では「夫婦始めました」、などの「〇〇始めました」という半紙を用意している方も増えています。

扇子

扇子は、まさに和の象徴ともいえるアイテムです。フォトプロップスのように、文字を入れて撮影を行うのもよいですし、シンプルなデザインの扇子は、全体的なバランスをとることもできます。着物の色と同じ扇子を使用するとなお良いです。

蛇の目傘

和装撮りの定番アイテムともいえる蛇の目傘。シンプルなものをはじめとした、さまざまなデザインのものがあるので、着物にも合わせやすいです。

紙風船

和紙で作られた柔らかい雰囲気とかわいいデザインが写真映えします。緊張して表情が固くなってしまっているときなど、紙風船で遊ぶと緊張がほぐれて自然な笑顔を撮影できます。100均などですぐに手に入るので準備も簡単です。

折り紙

折り紙は、多くのバリエーションがありますが、中でも人気なのが折り鶴です。縁起がよいとされていることもありますが、さまざまな色の折り鶴を散りばめることによって、かわいい写真に仕上がります。

お手玉

幼い頃には、お手玉で遊んでいた方も少なくはないでしょう。そんなお手玉で遊ぶ様子は、紙風船と同様に自然な笑顔を引き出してくれます。また、色とりどりでかわいいデザインのお手玉を2人の周りに置くことで、和を感じさせてくれる写真を撮影できます。
前撮り用お手玉

お面

お面は、さまざまなデザインのものがあるので、人と被りたくない方にはおすすめです。和装であれば、おかめ・ひょっとこの他に、キツネなど動物のデザインのお面もアクセントとなり、写真映えするのでおすすめです。

和菓子モチーフアイテム

和菓子はかわいらしいデザインのものが豊富です。着物を着ているので、実際に和菓子を持ち込むことができないスタジオもあるでしょう。そんなときは和菓子モチーフの小物を使うことで楽しそうな雰囲気の写真を撮ることができます。和室などで撮影を行う場合には、和菓子モチーフのアイテムを持ち込んでみましょう。

夫婦守り

写真映えだけではなく、これからの結婚生活にもご利益がありそうな写真に仕上がります。また、白無垢のデザインだけでなく、色打掛を着たお守りもあります。

和風ガーランド

和装に合うようなデザインにした、和風ガーランド。ガーランドに入れる文字は、カップルによって違います。2人の名前や結婚を表す文字、日付など、入れたい文字を2人で話し合って決めましょう。もしくは、いくつかの種類を作っておくのもよいでしょう。

赤い糸

前撮りでは、定番の人気アイテムである赤い糸。100均で準備でき、自分好みのデザインの赤い糸を作ることもできるのが、人気の理由です。糸で文字を作ったり、ハートマークのデザインを作ったりするのが定番です。作り方は、糸に針金を入れて好きなデザインの形に整えるだけなので、簡単です。

糸電話

糸電話も赤い糸と同様に、糸に針金を入れることによって、好きなデザインを作ることができます。さらに、コップ部分にもデザインを入れることができるので、赤い糸よりも映えた写真を撮影することができます。

フォトプロップス

和風なデザインの紙などを貼り付けて、和装に合ったフォトプロップスを作ることができます。また、2人が会話をしているようなフォトプロップスも非常にかわいらしいです。好きな言葉を入れて、撮影を楽しみましょう。

指輪

指輪を使った撮影方法は、いろいろあります。LOVEという文字のOの部分を指輪に置き換えて撮影したり、指輪越しのカップルを撮影したり、ほかにも撮影方法はいくつかあります。まだ撮影されていない方法もあるかもしれないので、ほかの人たちがやっていない撮影を行うのもよいでしょう。

ブーケ

和装には、ボールブーケがおすすめです。手元にあるだけで華やかな印象になります。また、ブーケの色を選ぶ際には、着物の色に合わせたものを選ぶとよいでしょう。

イニシャルオブジェ

カップルのイニシャルオブジェを用意しておけば、色々な撮影を楽しむことができます。オブジェにピントをあてて2人の姿をぼかしたり、ほかのアイテムと一緒に撮影したりしてもお洒落な写真ができあがります。また、イニシャルオブジェと一緒に『&』のオブジェも忘れずに準備しておきましょう。

LOVEオブジェ

LOVEオブジェは、イニシャルオブジェと同様な撮影方法を楽しめるだけでなく、Vの部分を足で表現して撮影できます。木製のオブジェだけではなく、造花でLOVEと造られたオブジェもあるので、そちらもおすすめです。

フォトフレーム

フォトフレームを使用して、撮影を行うフレームインショットが最近の流行です。遠近法を使うことによって、2人がフレームに入っているような写真ができあがるので、とてもユニークです。和装であれば、金のフレームがおすすめです。

幼少期の写真

2人の幼い頃の写真を持って撮影することで、成長を感じとることができる1枚に仕上がります。これまで育ててくれた両親に感謝の気持ちとして、プレゼントしてみるのもよいでしょう。

ハートサングラス

普通のサングラスでも、アクセントが効いてよい写真に仕上がりますが、ハート型のサングラスのほうが、よりポップな印象にもなり、かわいらしい写真を撮ることができます。あくまでおすすめなのが、ハート型のサングラスなので、お好みのサングラスを使用するのがよいでしょう。

人気アイテムを使って和装を引き立てさせよう

人気アイテムを使用することで、さまざまなバリエーションの写真を撮ることができます。和装なので、和を感じさせてくれるアイテムを使用するのもよいですが、アクセントが欲しければ、サングラスなどのアイテムを使用するとよいでしょう。ですが、あくまでも主役はカップル2人なので、その2人が1番引き立つアイテムを使うのがよいでしょう。