洋装フォトウェディングで後悔・失敗しないための注意ポイント6つ!

2021.03.05

結婚式の代わりに結婚を記念して写真を撮影するフォトウェディングは、コロナ禍においてますます注目を集めているスタイルです。
衣装を着て写真を撮るだけと思っていると、後悔や失敗に終わってしまいます。

今回は、人生最大の思い出として残しておきたいフォトウェディングについて、後悔・失敗しないために注意するべきポイントを解説します。

フォトウェディングで注意するべき6つのポイント


フォトウェディングを経験した先輩花嫁・花婿の中には「ヘアメイクが気に入らなかった」「写真のセンスが思っていた出来と違った」「予算より高くなった」など、後悔や失敗したというエピソードをお持ちの方が多数いらっしゃいます。

そのような後悔や失敗から見えてくるフォトウェディングで注意したいポイントを、6つまとめました。

1. どんなイメージの写真を撮りたいかリストアップしよう

洋装フォトウエディング失敗しないために準備すること
フォトウェディングを後悔・失敗しないために一番大切なことは、どんなフォトウェディングにしたいのかを2人でよく話し合っておくことです。
そのためには、さまざまなフォトウェディングについてリサーチしておくことも大切です。

ドレス・ヘアメイク・ポーズ・スタジオ撮影・ロケーション撮影など、どんなイメージの写真にしたいのかを具体的に決めてから、スタジオと打ち合わせを行いましょう。

永遠の憧れであるウェディングドレスを着るのに、「イメージがないまま打ち合わせをしてスタジオの提案に任せて撮影したら、思っていたものと違っていた」などと後悔したくないですよね。

2.スタジオの実績を確認しよう

どんなにいいドレスを着ても、どんなにきれいにヘアメイクができても、写真次第では満足のいかないフォトウェディングになってしまいます。
自分たちのイメージしている写真を撮ってもらえるのかどうかを、スタジオを決める前に事前に確認することを忘れないようにしましょう。

最近はどのフォトスタジオでもHPやInstagramで作品を紹介しています。
さまざまなスタジオのフォトギャラリーなどで作品例をチェックし、自分たちの希望に合ったフォトウェディングをしてもらえるスタジオを見極めましょう。

3. 打ち合わせはしっかり行って記録に残そう


フォトウェディングのイメージが決まったら、それをスタジオ側に明確に伝える必要があります。
そのために、イメージとぴったり合う画像などを準備して打ち合わせに持参すると、共通理解がはかりやすいでしょう。

打ち合わせの担当者に希望がしっかりと伝わることで、どのプランがおすすめか、どれを削れるか、何をプラスしたらよいかなどが明確になります。

また、打ち合わせの内容は必ず書面やメールなどに残るようにしておきましょう
確認不足によって、撮影当日に準備されていたものが希望と違ったというトラブルも発生しています。

記録を残しておくことでお互いのミスを避け、後悔のないフォトウェディングが可能になります。

4. ヘアメイクは希望をしっかり伝えよう


フォトウェディングの後悔としてよく話題になるのが、ヘアメイクについての後悔談です。
髪形もメイクも日常とは異なるため、しっかりとしたイメージを持ち、明確に担当者に伝えることが大切になります。

「~風に」と口で伝えても同じイメージをもつとは限りません。
見てわかるように雑誌やインターネットからイメージに合う画像を探して、担当者に提示するのがおすすめです。

ヘアメイクはちょっとした違いでも気になるものです。
フォトウェディングの写真は一生残るので、後悔しないためにもきちんと希望を伝えましょう。

納得できるヘアメイクが仕上がれば、写真を撮るときの表情もより素敵になりますよ。

5.撮影データの形式やサイズを確認すること

ウェルカムスペース
フォトウェディングには、撮った写真のデータを後に利用できるというメリットもあります。
年賀状や結婚報告ハガキはもちろん、インテリアとして引き伸ばして飾ったり、オリジナルなものを作るときに加工して使用したりすることもできます。

大きいサイズにしようと思ったら解像度が低かったという失敗談もあるようです。
データの納品サイズや形式などは、しっかりと確認しておきましょう。
ダウンロード形式での納品もありますが、DVD-Rでの納品の方が安心です。

6.価格だけで決めないこと


結婚の記念としてのフォトウェディングには自分たちの想いをしっかりと込めて、満足のある形で残したいものです。
価格だけを優先すると、我慢しなければいけないことや残念に感じることが出てきてしまいます。

その価格で何が含まれ、何か除かれているのかを十分チェックしましょう。
価格が低い理由があったとしても、2人にとって十分満足な条件であれば、問題はありません。

スタジオの口コミなどもチェックして、先輩花嫁のリアルな意見も参考にしてみると良いですよ。

しかし、我慢することによって一生後悔するようなことにならないように、価格を最優先するより、希望が叶うプランを優先してフォトウェディングを行うことをおすすめします。

しっかりリサーチして満足いくフォトウェディングをしよう!


フォトウェディングは、気に入らなかったとしてもなかなかやり直せるものではありません。
人生最大の思い出を後悔や失敗に終わらせないように、リサーチと準備をしっかり行ってフォトウェディングを成功させましょう。

満足できるフォトウェディングができたら、きっと2人にとって人生で一番輝く笑顔が残せるでしょう。

【参考URL】
フォトウェディングを行う際の注意点http://www.angephoto-wedding.jp/topic/point.html
フォトウェディング失敗談
https://www.emadoli-inquiry.net/basic/failure/