【コロナ禍ウエディングの新常識♡】オンライン結婚式の需要が高まっている!

2021.03.29

オンライン結婚式
2021年春になっても未だにコロナウイルスが収束する兆しは見えません。このご時世に結婚をした“コロナ婚”の新郎新婦は、結婚式を泣く泣くキャンセルした方が多いようです。
そこで、結婚式を挙げた経験がある・または予定がある20~40代女性500名に、結婚式をどこで挙げるのか?のアンケート調査を行いました。結果は次で紹介します。

コロナ禍の新常識!オンライン結婚式

コロナ禍ではオンライン結婚式が流行
結果はこの通り、ホテルウエディングが1位、レストランウエディング・リゾートウエディングは、ほとんど大差ありません。意外にも、結婚式場の票数が少なかったことに驚きでした。神社挙式もまずまずの結果ですが…、これまでにはなかった、オンライン結婚式が、結構な票数を集めていることが判明しました。
今回は、このオンライン結婚式について、掘り下げていきましょう!

オンライン結婚式とは?


その名の通り、スマホやタブレットを使って、オンラインで結婚式を行うことです。リモート結婚式と呼ばれることもあります。
挙式の流れは、
【①誓いの言葉、②指輪交換、③結婚証明証へのサイン、④誓いのキス】

披露宴・パーティの流れは、
【①新郎新婦の挨拶、②主賓の挨拶、③乾杯、④ケーキ入刀、⑤ファーストバイト、⑥両親への手紙】
です。
所要時間は、3時間ほどなので通常の結婚式とあまり変わりません。

オンライン結婚式を選んだ理由

オンライン結婚式
・普通の結婚式を挙げるつもりでした。でもコロナで流れたのでこの方式にしました。
・コロナ渦でも結婚式だけは挙げたいと希望したからです
・お金がなかったからです!でも結婚出来て満足しています。
・2020年に結婚したいと思ったら、オンラインしか選択肢がありませんでした。
・コロナ感染対策として、止む得ない判断でした。

・このご時世みんなに集まってもらうことは無理だから。
・彼と相談してオンラインで安全に式を実施します
・オンラインならこのご時世でも安全そうだったので
・コロナだったので、予定を急遽変更しオンラインで行いました。
・再婚ですが、コロナなのでオンライン結婚式を予定してます。
・外出自粛の影響です。不可抗力でしたが、それなりに満足しています。
・コロナで式場をキャンセル、オンラインという流れでした。
持病持ちだから、安全を考えてオンラインにしておきました

・本当は、普通にしたかったのですが予定もあり、コロナも怖いのでオンラインでする予定です。
・このご時世みんなに集まってもらうことは不可能だから。
・オンラインでないとコロナが怖かったからです
・人が集まるとコロナが怖いので、感染予防のためオンラインでしました。
・普通に考えて大人数が集まるのは無理な時代だから。
いま流行っていると聞いたから私達も挑戦します
・今年結婚をしますが、感染予防でオンラインを選びました。
・このご時世なのでオンライン結婚式も視野に入れています
・恐らくオンラインで式の映像を配信すると思います。
・リモートでも参加できるところに魅力を感じて、オンライン結婚式を選択しました。高画質なカメラも安く購入できるので、想像よりも満足できる結婚式になって安心しています。
・まだ予定段階ですが、感染予防のためにオンラインが候補に挙がっています。
・さまざまな面で経費の削減ができたので、オンライン結婚式にしました。
・参加者の宿泊手配など、細かい準備が不要な点も良かったです。
・インターネット環境さえあれば遠方の方でも手軽に参加できるので選びました。
・参加者はもちろんスタッフ側の人数も少なく済むため、手間もかかりませんでした。
・従来の結婚式では出席が難しいケースもありますが、オンラインであれば出席できる人も増えるので選びました。
感染予防ができるというメリットがあるので、オンラインで行うことに決めました。

オンライン結婚式のポイント

オンライン結婚式
先程の理由のなかで、ポイントが3つありました。
1つ目『大勢で集まらないので安全』
2つ目『低コストで出来る』
3つ目『オンラインなので遠方の人も参加しやすい』

通常の披露宴であれば、60名~120名ほどの人数になりますが、オンライン結婚式であれば、新郎新婦の2人で済みます。そうなると、人数が遥かに少ないのでコロナ対策としても安全ですし、何より会場の装飾や、食事代などが二人分しか掛からないので、かなり費用を抑えることができます。
また、遠方に住んでいる方や、やむを得ない事情で遠出が出来ない方、などもインターネット環境さえあれば、オンライン結婚式に参加することができます。便利な時代になりましたよね!

形として残せるフォトウエディングも組み合わせてみて♥


せっかく綺麗な衣装、ヘアセット・メイクをしたのに、「オンラインが終わったから、さあ私服に着替えよう!」というのは、なんだか勿体なく感じてしまいます。ドレスアップしたのであれば、そのままフォトウエディング(後撮り)をしてみてはいかがでしょうか?もしくは、オンライン結婚式が始まる前に撮影をする “前撮り”でも良いと思います。
素敵な晴れ姿を、形として残せる“フォトウエディング”が、オススメです!

コロナ禍でもポジティブな思考で♪


結婚式の挙げ方について悩んでいる方は、ぜひオンライン結婚式も視野に入れてみてくださいね。どんな形式であれ、お二人の幸せを祝福してくれることには変わりません!コロナ禍で大変な世の中ですが、少しでもポジティブな思考で、結婚生活を楽しんでくださいね♪