前撮りで事前に準備しておきたいこと【ブライダルエステ編】

2020.07.18


和装で前撮りを行う場合、忘れてはならない準備の一つがブライダルエステです。今回は和装の前撮りのために知っておきたいブライダルエステ情報をまとめました。前撮り直前に慌てないように、どのような準備が必要なのかをチェックしておきましょう。

ウエディングフォトの前撮りを和装でする場合、ブライダルエステをするか悩む花嫁さんはとても多いそうです。和装は露出をしないので、ブライダルエステのことを忘れてしまいがちなのですが、実は和装こそブライダルエステでしっかり準備する必要があります。
今回は、前撮りをする際にブライダルエステで準備しておきたいことをまとめました。前撮り直前や当日に慌てないように、しっかりチェックしておいてください。

和装の前撮り前にブライダルエステは必要?


結論からお話しすると、和装で前撮りをする場合ブライダルエステが必要です。
ブライダルエステは、結婚式の日にちに合わせて通う方が多いですが、前撮りを行うなら前撮りの日に合わせて、スケジュールを組む必要があります。

ただ、和装のみで前撮りをする場合、「ブライダルエステは必要ないのでは」と考えている花嫁さんは多いです。
和装はドレスのようにデコルテや腕を露出しませんし、ボディラインがわかりにくいというのがその理由でしょう。

しかし、露出していないように思える和装は、襟元が大きく開いているためうぶ毛あるととても目立ちます。
隠している部分が多いからこそ、肌が出ている部分が目立ってしまうのです。

前撮りでは後ろ姿を撮ったり、接写することが多いです。
一生の思い出として残る写真で後悔しないためにも、和装こそ前撮り前ブライダルエステに通ってしっかり準備することをおすすめします。

ブライダルエステで整えておきたい3つのパーツ

前撮りを和装のみでする場合、ブライダルエステで施術を受ける箇所は、うなじ、手、顔です。

1.うなじ


和装での前撮りでは、髪型がアップスタイルなことがほとんどで、うなじが露出します。
うぶ毛があるのであれば、うなじのうぶ毛の処理が必要です。
とくに和装でかつらを着用する場合、水白粉という白粉を水で溶かしたものを使用します。
一見うぶ毛が目立たないように見える方でも、水白粉を塗るとうぶ毛に粉がかかってしまってかなり目立ってしまうのです。
普段は気にならない程度のうぶ毛しかない場合でも、ブライダルエステで綺麗に処理してもらいましょう。

2.顔


顔もうなじ同様でで、白粉を塗る場合、うぶ毛があるとどうしてもきれいに見えません。
前撮りの直前にフェイシャルエステで顔のうぶ毛もしっかり剃ってもらいましょう。
また、うなじや顔はうぶ毛だけでなく、スキンケアも大切です。
露出が少ないぶん、露出している部分が肌荒れしていると、目立ちます
日頃のスキンケアはもちろんですが、エステのスペシャルケアで肌の状態を整えておきましょう。ニキビや吹き出物が気になる場合は、期間に余裕を持ってブライダルエステに通うことをおすすめします。

3.手


忘れがちなのが、手です。
前撮りでは手をクローズアップして行う撮影も多く、手の肌のキメもしっかり写真に残ってしまいます。せっかく素敵な写真を撮ったのに、手が荒れていては「お手入れしておけばよかった」と思うはずです。
ブライダルエステで集中ケアをしてもらい、肌のキメを整えておきましょう。指の毛も忘れがちですので、忘れず剃ってもらいましょう。

和装の前撮り準備のブライダルエステの費用


ブライダルエステに興味があっても、気になるのは費用です。
ブライダルエステを取り扱っているエステサロンの場合、和装用のプランを用意しているところが多いです。

1日のみと数ヶ月単位で通うプランがある

内容はエステサロンによって異なりますが、一般的にはうなじ・顔・手のシェービングとスキンケアがセットになっています。
料金もエステサロンやスキンケアの内容によって異なりますが、1日のみのケアで1〜3万円、数ヵ月単位で通うケアで5〜10万円くらいが相場です
また体験コースを用意しているブライダルエステサロンも多く、その場合は格安で施術を体験できます。

予算に余裕がある人は美肌ケアがおすすめ


予算に余裕があるのなら、シェービングだけでなく、美肌ケアもプラスで行ってもらいましょう。
美肌ケアはマッサージのみ、毛穴洗浄、イオン導入、小顔メニューなどがあるので、肌の状況や肌悩みに合わせて選びましょう。
少しお値段はしますが、化粧のノリがグンっと上がるのでおすすめです。

和装の前撮り準備のブライダルエステを受ける2つのタイミング

1.ブライダルエステを1日で行う場合

1日でシェービング・スキンケア・マッサージを行うブライダルエステの場合、前撮りを行う日の2・3日前に施術を受けるのが一般的です。
毛量にもよるため、事前にカウンセリングを受けて相談しておくことをおすすめします。
また前撮りの1ヵ月前にも同様の施術を受けておくことをおすすめします。
これは使用するクリームやシェービングフォームが合わず、肌荒れを起こしてしまう可能性があるためです
もし1ヵ月前に同じ施術を受けることが難しい場合は、前撮りの1週間前に施術を受け、万が一の場合に備えておきましょう。

2.ブライダルエステを数ヶ月かけて行う場合

数ヵ月かけてブライダルエステに通う場合は、3〜6ヵ月前に通うのが一般的です。
エステごとに回数を設定しているはずですので、まずはカウンセリングを受けて、前撮りの日にち、結婚式の日にを伝えましょう。
スタッフがベストのタイミングでスケジュールを提案してくれます。

和装プランがあるブライダルエステが見つからない時

ブライダルエステは花嫁さんによって一般的なものとなっていますが、残念ながら和装のみのプランを用意しているエステサロンは少ないのが現状です。
まずお住いのエリアの近隣で、和装用のブライダルエステプランを用意しているサロンがあるか調べてみてください。
和装プランがない場合は、一般的なブライダルエステコースを用意しているエステサロンに直接相談してみましょう。
施術したい箇所を伝えれば、対応してくれる可能性があります。
また、前撮りは和装のみで、結婚式当日はドレスと和装を両方着る場合は、数ヵ月通うタイプのブライダルエステを選ぶのもひとつの方法です。
スケジュールをうまく組んでもらい、前撮り前は和装用のケアを集中的に施術を行ってもらいましょう。

和装の前撮りは必ずブライダルエステを受けよう


「前撮りは和装だけだからブライダルエステはしなくてもいい」と考えていた方がいるかもしれません。
しかし、和装だからこそブライダルエステは必須です。
前撮りの写真は結婚式当日をはじめ、さまざまな場面で使用しますし、一生の思い出にも残ります。
ベストな状態で前撮りができるように、ブライダルエステの準備も忘れずに行ってください。

合わせて読みたい

和装前撮り前に読んで欲しい!新郎のためのアドバイス7選
和装前撮りのためのヘアスタイル解説★角隠し・綿帽子とは?
意外と見落としがち!事前に決めておいた方がいいこと4選
和装前撮りのための事前準備
◇前撮りに向けたマツエク・パーマの準備法は?和装に合うデザインも紹介