LOADING...

結婚式の前撮りはどのタイミングがベストなのか? 結婚式の前撮りはどのタイミングがベストなのか?

2019.06.25

前撮り春夏

 

結婚式は、一生に一度あるかどうかの晴れ舞台となります。その為、後悔のないように準備をすることが重要になるのです。また、結婚式には前撮りというものがあり「当日には着用しない服装」をして、写真を撮るものとなります。

様々な衣装を着用することが出来るので、新婦からすれば「夢のような時間」となるため、真剣に取り組む人が多いものです。ですが、前撮りをするにしても、「タイミング」が重要になります。

今回は、前撮りにベストなタイミングを紹介していくので、参考にしてみてください。


前撮りを撮ると言っても、結婚式を挙げる時期によってタイミングが変化してきます。ですが、前撮りの時期は、結婚式とは違っても良いので、出来るだけベストの時期を選ぶべきでしょう。
前撮りを撮る時期として、最もベストだとされる時期は「夏」とされています。前撮りは、主に「屋外で撮影される」ことが多くなります。その為、出来るだけ気候が安定して晴れになっている必要があります。この点を考えると、晴れの日が多い夏を選択した方がよいのです。

夏は「雲1つない晴天での撮影」などが出来るようになります。写真の背景としても、とてもきれいな条件が揃うため、おすすめの季節となります。
また、これからの季節10月~12月に結婚式を控えている方は、7月~8月中に前撮りを済ませておくと、撮影した写真やアルバム、ウェルカムボードを結婚式当日に使用することができます。

前撮りで、より綺麗な写真を撮りたい人は「夏」を選んでみることをおすすめします。

結婚式前に行う前撮りは、「結婚式当日では撮れない写真」を撮ることになります。そして、そこで撮られた写真は、結婚式当日にお披露目したりすることにも使われます。ですが、写真屋さんによっては「現像するまで1ヵ月程度」かかることもあるのです。

たまに、結婚式ギリギリになって前撮りをしている人もいますが「結婚式に間に合わせたい」なら、早めの行動を心掛けるようにしましょう。とは言っても、早すぎる前撮りは、当人たちの気持ちがついていかないこともあります。その為、前撮りをするタイミングは「1~2ヶ月前」にしておきましょう。

この時期になると、結婚式が近づいてきているため「気持ちが高ぶってくる」ようになります。その心境なども、前撮りした写真に出てくるので、より良い写真が撮れる可能性が高いのです。また、写真現像が完了する時期と、結婚式本番が同じくらいになることが多いため、1~2ヶ月前あたりを狙ってみましょう。

先程紹介した内容と、少し被りますが、結婚式本番から1~2ヶ月前に前撮りをすれば、「結婚式のリハーサル」を兼ねることが出来ます。結婚式では、数多くの人から写真を撮られることになるでしょう。この時、写真に慣れていなければ「緊張して、顔がこわばる」ことがあります。

これは、写真を撮られることに慣れていない人に多い現象となっています。ですが、結婚式1~2ヶ月前に前撮りをしていれば「写真慣れして緊張しにくくなる」のです。
前撮りは、通常50~100枚程度の写真を撮られることになります。しかも、服装が結婚式と同じようなことも多く、本番のリハーサルみたいになることが多いのです。

ここでしっかりと慣れておけば、本番で緊張することも少なくなるため、前撮りは「1~2か月前」に行っておいて損はないでしょう。

前撮りをするタイミングについて紹介しました。やはり、結婚式の1~2ヶ月前に行う方が、当日のリハーサルにもなっておすすめです。また、当日に合わせて現像出来ることが多いのもメリットです。

ですが、自分が好きなタイミングに前撮りしたいなら「早めの計画を立てる」ことをおすすめします。特に、結婚式シーズンと言われる「春」は、事前準備をしっかりと行っておきましょう。春に前撮りが集中しているのは「桜が咲いている」からです。和装で前撮りを希望する人が多いため、桜と一緒に撮影したいと考える人が多いのです。

春頃に結婚を考えている人は「事前予約を早めに行う」ようにしましょう。出来れば、結婚式の予定が決まったすぐにでも、前撮り予約を入れておくべきです。それだけ、春の前撮りは、競争率が激しくなっているので、対策をしておきましょう。

もちろん、他のシーズンであっても「前撮り予約が早いに越したことはない」ため、早めの行動を心掛けることをおすすめします。

寄り添う二人
結婚式は、人生の晴れ舞台であるとともに「滅多に機会がない」ものでもあります。また、その前撮りでは「タイミングを考えて行わなければ、後々面倒なことになる」ため、しっかりと準備しておくようにしましょう。

前撮りで撮った写真は、結婚式当日にも使われる可能性もあります。また、普段ではあまり経験できない環境で撮影するチャンスでもあるのです。しっかりと準備して、早めの行動を心掛けるようにしてみてください。